1. orono_instagram
  2. orono_Facebook
  3. orono_Twitter

Get Update!
#orono_jp

OFFICE LIFE HACK

オフィスライフをもっと楽しく!

.jpg - 日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法

日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法

お役立ち
1668
views

紫外線が気になる季節ですね。
いまや、日焼け止めを塗るのは日々の日課になっている人も多いかと思います。

「でも、社内や室内では紫外線の影響が少ないので安心…」では無かったのです!!
日常的に触るスマホやパソコンからのブルーライトがお肌への色素沈着、すなわちシミの原因になるってご存知ですか?

©hanack – Fotolia (https://jp.fotolia.com/id/131556347)

ブルーライトとは

PC - 日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法
©あんみつ姫 – Fotolia (https://jp.fotolia.com/id/204848046)
スマホやパソコンの光に使われているブルーライト。
ブルーライトカット効果のあるメガネや、パソコンやスマホの画面に貼るブルーライトカットフィルムもありますよね。
身近だけどよく知らない方も多いのではないでしょうか?
そもそも、ブルーライトとは可視光線(電磁波のうち、人の目に見える波長のもの、つまり光全般)の中でも、紫外線に次ぐ強いエネルギーを持つ波長の短い青色の光を言います。

角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達するほどのエネルギーを持っているため、目の疲れや痛みといった直接的なダメージを与えます。

ブルーライトは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイほか、LED照明にも多く含まれています。
…つまり、LEDの照明の部屋でスマホやパソコンを見ていたらブルーライトをかなり浴びています!

ブルーライトが肌に与える影響

.jpg - 日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法
©カメラ兄さん – photoAC (https://www.photo-ac.com/main/detail/1162626)
では、そのブルーライトはお肌にどんな影響があるのでしょう?

日焼けなどの原因である「紫外線」と、「ブルーライト」などの光は周波数が違います。
これまで、ブルーライトは紫外線より波長が長く、その周波数以上の光は影響がないと考えられてきました。

しかし近年、ブルーライトは直進する性質がある強いエネルギーなので、長時間浴び続けると日焼けやシミの原因となる紫外線B波よりも肌の奥に入り込み、色素沈着を引き起こすが研究によって判明しました。
「第3の紫外線」とも呼ばれています。

紫外線であれば、とにかく日光に当たらないようにすればよいですが、ブルーライトは現在、身の回りにあふれています。
しかも、昼夜を問わず24時間たえず注がれているので、防ぐのは困難です。

ブルーライトがシワやたるみ、老化の原因にも!?

.jpg - 日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法
©FineGraphics – photoAC (https://www.photo-ac.com/main/detail/1169234)
さらに、ブルーライトはシミだけでなく、肌を酸化させて老化を促進させる活性酸素の生成の原因にもなると言われています。
前述の通り、ブルーライトは真皮より奥の深部にまで到達するため、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する「一重項酸素」(いちじゅうこうさんそ)の産生を促す働きもあります。

一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンと言った肌の弾力を保つのに欠かせない肌組織を破壊するだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させてしまします。
結果、お肌のハリが失われ、シワやたるみなどを引き起こす原因にも…。

それ以外にも、長時間目を酷使していると目の周りの筋肉も固くなるため、シワができやすくなってしまいます。
日焼けはしていないのに、肌のシミ・シワが気になる人は、実はブルーライトの影響を受けているのかもしれません。

ブルーライトからお肌を守るためには

.jpg - 日焼けしていなくてもシミ・シワ・たるみの原因に!?ブルーライトの肌への影響と対策方法
©beeboys – Fotolia (https://jp.fotolia.com/id/113803788)
ここまでで、ブルーライトがいかにお肌に影響を及ぼすかがおわかりいただけたと思います。
では、そんな怖いブルーライトへの日常でできる対策を以下でご提案いたします。

1.ブルーライトカットメガネを使う

最近ではかなり定着した方法ですね。
暖色系のレンズのイメージがありますが、最近ではクリアタイプもあり、おしゃれな形も増えています。

2.ディスプレイにブルーライトカットフィルムを貼る、ディスプレイの設定を変更する

手軽かつ物理的にわかりやすい方法です。
フィルムを貼らずにWindowsでもMacでも、ディスプレイの色設定を変更してブルーライトを軽減できます。
ただし、青色の値を減らすのでディスプレイでの表示が通常より暖色系になります。

3.抗酸化作用の高いビタミンCなどが配合された化粧品を選ぶ

いわゆる美白用の化粧品ですね。
パックや化粧水などの表記を確認しましょう。

4.抗酸化作用やブルーライトを吸収する効果のある食べ物を摂る

ビタミンCなど美白効果が期待できる食べ物やサプリメントを摂取する方法です。
毎日など習慣的に摂取するのがよいかと思われます。

5.ブルーライト対策用の化粧品を取り入れる

最近では、ブルーライトに対応した日焼け止めやUVケア下地が続々と登場しています。
また、BBクリームやCCクリームなどのベースメイクアイテムにも、ブルーライトから肌を守る効果が期待できるアイテムもあります。

外出する予定がなくても、ブルーライトは常にあなたのそばにあります。
これらの対策で肌へのダメージを軽減し、ブルーライトと上手に付き合っていきましょう。


このブログはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤 亜矢子

佐藤 亜矢子ライター

札幌生まれ札幌育ち。エンターテイメントと梅が好き。 旺盛な好奇心と探究心でいろいろなことに首を突っ込みます。 いつもの毎日がちょっとラクになる、楽しくなる情報を提供します。

← 記事一覧