1. orono_instagram
  2. orono_Facebook
  3. orono_Twitter

Get Update!
#orono_jp

OFFICE LIFE HACK

オフィスライフをもっと楽しく!

Fotolia 121417569 S - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

お役立ち
2504
views

はじめまして!orono(オロノ)編集部です。orono(オロノ)編集部では、毎日イキイキとオフィスで働く女性の皆さんを応援しています。さて、記事をご覧になっている皆さんは、毎日楽しくお仕事してますか?やりがいを持って働いてる女性は、キラキラと輝いて見えるもの。でも、残業が続くと、ついつい仕事もサボりたくなってしまいますよね?実はこの私も、サボりの常習犯でした・・・。

TOP画像クレジット
© taka – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/121417569

医学的にはYes!リフレッシュと脳のメカニズム

IMG 1964 - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

世間では、仕事をサボる=悪いこと、サボるやつは社会人としてなってない!というイメージがあるかもしれません。たしかに仕事をサボることは良くない事です。ですが、そもそもなぜ人は仕事をサボるのでしょうか?それは、初めのうちは一生懸命仕事をしていても、集中力が切れてしまったり、他に興味が移ったりするからです。

いくら真面目な人間だって、脳が疲れてくれば、サボりたくなるのは当然。人間の集中力がもっとも発揮できる時間は、なんと15分と言われています。意外と短いですね!どんなに頑張っても60分~90分が集中力の限界という説もあります。更に、脳は起床後に13時間経過すると集中力が低下すると言われています。つまり、ダラダラと残業したら、どんどん効率は落ちているという事ですね。それなら、仕事の合間に積極的にリフレッシュをして、集中力を高めた方が良いと思いませんか?

ポジティブな気持ちでリフレッシュ

DSC09757 - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

そこでorono(オロノ)編集部が皆さんに提案したいのが、「ポジティブサボり」。「ポジティブサボりとは、集中力を高めるために必要な行動です。

とはいえ、働き者の皆さんは、昼の休憩以外に「私、集中力が切れたので、サボりま~す!」と堂々と宣言が出来るわけがありません。上司やお局様に見つからないように、賢くリフレッシュしましょう。また、あまりにも目に余る長時間のリフレッシュ=仕事の放棄(サボり)は、社会人として疑われてしまいます。下手をしたら解雇になってしまいますので、ご注意を!

試験前に、長編の漫画を読みふけってしまったという経験は、皆さんもありますよね?あれも「面倒な試験から、ほんの少し離れたい」という一種の現実逃避だと思います。現実逃避は上手く活用すれば、リフレッシュにも繋がるのです。サボるなら、数分と決めましょう。

【ポイント】
バリバリ働いて脳を使った後に、数分だけ脳のリフレッシュ(=気分転換)をして、再び仕事取り組む事がポイント。つまり、ポジティブサボりとは、この厳しいストレス社会で生き延びる知恵なのです(キリッ)

では、良い事ばかりのポジティブサボりをご紹介したいと思います。くれぐれも「今は仕事と全然違う事をしてるけど、これは脳をリフレッシュするための大切な行動なんだ」とイメージする事が鉄則です。

【リフレッシュその1】オフィスで収穫祭?!

9a9fd40dd245c01894528365e8a1cd4b m - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

リラックス目的で、観葉植物を導入するオフィスが増えています。ここも貴重なリフレッシュ・スポット。おすすめは、食用にもなり良い香りのするハーブ(バジル、ミント、ローズマリー、ラベンダー)です。水をあげたりお世話をしているフリをして、ハーブの香りを嗅いでリフレッシュ。特にバジルとミントはわんさか増えるので、オフィスで収穫したハーブで作る「自家製ハーブティー」も、夢ではありません。もちろん社内で許可は取りましょう!

【リフレッシュその2】オフィスの掃除で心もスッキリ!

5c1f83e932587ac4a75affc12c2e2f8c l - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

PC周りは気がつけば、ホコリっぽくなってしまいます。オフィス環境を良くするために、自分以外のデスクの上もお掃除しましょう。上司からは「掃除するなんて、エライなぁ・・」と思わせておいて、こっそりリフレッシュタイムに突入。ひたすら掃除に没頭し、体を動かしてリフレッシュするというテクニックがあります。長時間のデスクワークは体の血流が悪くなりますが、動く事によって血流の流れが良くなれば、心もスッキリ。

【リフレッシュその3】秘密のスケジュール

roman bozhko 251947 - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

オフィスにあるカレンダーやスケジュール表。「来週は納品かぁ。今週の会議までに〇〇を間に合わせなくちゃ・・・」と時々つぶやきながら、真剣な顔で眺めるフリ。実は、脳内では「プライベートの予定」を立てるという高等テクニックです。楽しい飲み会の予定があれば、どんなに辛い仕事も乗り切れます。

【リフレッシュその4】困った時のヘルスケア

77a1ad435981d9b831ede9bd2405171a l - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

デスクワークといえば、肩こり、腰痛、頭痛がつきもの。健康器具をデスクに常備しておいて、疲れた時にツボ押しするという健康的なリフレッシュ方法です。足元には足のツボ押し器具、デスクには手のツボ押し器具があれば最高です。医学的には、爪の辺りを揉むと自律神経のバランスが整い、仕事の効率が上がると言われています。 堂々と健康器具を使うのはNGです!もしバレそうな時は思いきって「集中力が上がって、頭が冴えるツボがあるんですっ!」と社内でツボ押しのレクチャーをしてごまかしましょう。

【リフレッシュその5】シール集めは計画的に!

77132c1d8b0064881d582f86643458c9 m - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

コンビニで買ったジュースや菓子パンなどに付いてくる応募シール。応募シールを集めると、絵皿や好きなグッズが貰えるのです。ただ、応募シールをひとりで集めるには限界があります。そんな時は、さりげなく社内でシール集めに協力してもらいましよう。実際に社内でシール集めをしたところ、物凄い速さでシールが集まりました(笑)もし上司にバレても「ごめんなさい、この絵皿を社長にプレゼントしたかったんです・・・」と素直に謝りつつも、したたかに忠誠心をアピールする事がポイントです。

さて、最後にリフレッシュの枠を越え、サボりまくってる人を見かけたリアルな体験談です。ここまでくるとアウトなので、くれぐれも皆さんはマネしないように!

これは完全にアウト?!サボりまくりな人たち

IMG 9294 - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

乙女な先輩にビックリ!!
30代・Aさん(サービス業)

OL時代、先輩のAさんと隣同士のデスクでお仕事をしていました。Aさんは、サバサバして明るい女性。好きになった男性には、とことん尽くすという乙女な面がありました。

そんなある日、Aさんはお客さんと通話をしていたのですが、何やらポーチをゴソゴソ。「どうしたのかな?」と思いましたが、私も仕事があるので気にせず集中する事にしました。どうやらお客さんとAさんは揉めているようで、会話は長時間に。そのうち、隣からパタパタと音がしたのでびっくりして隣を見ると・・・。なんと、Aさんは、通話しながらメイクしていました!!どうやら、この後デートの予定があったようです(笑)Aさんは仕事が出来るので、上司も黙認。確かに顔が見えないのでバレないと言えばバレないですが、これはさすがにやり過ぎなのでは?とびっくり。

もともと仕事に対してAさんは不満を持っていたようで、それから数年後にAさんは退社しました。今は元気に楽しくお仕事をされていると良いのですが・・・。

dane deaner 334260 - 賢い仕事のサボり術!オフィスワークだからできるリフレッシュ方法とは

期待の星にビックリ!!
50代・Kさん(IT関係)

50代のKさんは、中途入社。社員全員からは「今までの経験を生かして、一緒に仕事してくれそう~!」と期待の星でした。勤務が開始すると、なぜかKさんはいつもスマホばかりジロジロ。事情を聞いてみると、仕事中に株価をガッツリとチェックしていたそうです・・・。「仕事より、株価の方が大事なんかい!」と社員全員のツッコミが入ったのは、もはや当然でしょう。

さいごに

ここまでくるとプライベート命って感じですね。プライベートにエネルギーを注ぐのも良いですが、定時まではお仕事にエネルギーを注ぎましょう。飽きてきた仕事を楽しくするのは、自分の心がけ次第。適度に脳をリフレッシュさせて、オフィスでの毎日を過ごしてみてはどうですか?


このブログはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

天野 葵

天野 葵Writer

「1000人の起業家と個人経営者の力になりたい!」をモットーに掲げるライター兼デザイナー。得意なジャンルは【料理】【グルメ】【健康】。ネーミング(社名・屋号・サービス名)やWEBデザインを提供しています。女性の起業や独立に関する無料相談も受付中!
> Website

← 記事一覧